TOPへ戻る

PROFILE

高柳ゆうなさん経営学科4年生札幌稲雲高校出身

緊張の入学式、
でも数日後には「わたしの居場所」を見つけた

高校生のとき、アパレルメーカーの商品開発や販売計画管理、流行の発信などを担う
「マーチャンダイザー」という仕事に憧れて、大学は「経営学部」を志望。センター試験利用入試で合格しました。
新しい環境に加えて「経営学部」は男子が多いイメージが強かったので、
馴染めるのかドキドキしながら入学式を迎えたのも束の間。同級生と先輩がみんなフレンドリーで、
教職員は距離が近く、あっという間に大学が「わたしの居場所」になりました。

臆せずチャレンジすることを
後押ししてくれる人たちとの出会い

リスクマネジメント研究会、学生広報スタッフ、チアリーダーなど、興味のあることにはどんどんチャレンジ。嬉しいのは、わたしのチャレンジに最大限のサポートをしてもらえること。授業で外国人とのディスカッション予定があれば、英会話や効果的なプレゼン方法をトレーニングしてくれる先生、クラブの取りまとめに悩んでいるとさりげなくアドバイスをくれる顧問の先生、学生目線の冊子作成を見守ってくれる職員さんなど、ガクインには視野を広げるチャンスをサポートしてくれる人が沢山います。

今の学生生活の充実度

93点

これから就職活動が始まるので、第一志望の企業に内定すること、そして、「学業優秀者」表彰で1位になりたいです。これまでずっと2位だったので、悔しいんです。この2つの目標が達成できれば、100%充実するだろうなって思います。

ガクインを採点すると

85点

就職活動を控えていると、ガクインの手厚いサポート体制というか、あたたかさを実感します。ゼミの碓井先生は、エントリーシートの添削やマーケティング視点での自己PR方法などを伝授してくれますし、面接指導はほぼ毎日実施という手厚さ!少しでも困ったことがあれば、周りの皆がそっと手を差し伸べてくれる、教職員との距離の近いステキな大学なのに、そのことがあまり知られていないのがもったいない!

高校生にひとこと

「できない」のではなく「まだ十分にやってないのかも」と自分自身を振り返ってみてください。まずやってみる。チャレンジすれば、世界はどんどん拡がると思います!やりたいことを実現できそうな場所、そしてサポートしてくれる人を見つけるのも大事ですね