TOPへ戻る

こども発達学科DEPARTMENT OF CHILD DEVELOPMENT

こども発達学科の特徴とPOINT

小学校教諭、保育士、子ども教育の専門家を目指す

子どもの発達と教育の問題を豊かな視点で読み解く知性。

「楽しく学ぶ」機会を柔軟に発想する力をもった小学校教諭として、
保育士として、子どもの発達を支援する専門家として、現場で活躍できる人材を育成します。

POINT 1

小学校第一種免許状が取得可能、
教師となるための
手厚い指導・サポート体制

教材研究や模擬授業などの実践的内容を多く扱い、教育現場で通用する人材を養成し、ピアノ実技指導や個別・集団面接、模擬授業など教員採用試験に向けた特別指導を行っています。

7年間で108名が小学校・特別支援学校教諭(正規職員)として採用実績があります。※2016年2月現在

POINT 2

保育士(国家資格)を
卒業と同時に取得可能

保育の現場経験豊かな教員の指導で、幅広い教養と専門的な知識・技能を身に付けた、家庭や地域と連携し子どもの発達を支援できる保育士を養成します。

POINT 3

小規模学科だからできる
細やかな学生指導と進路支援

学科教員がキャリア支援課、教職課程、保育士養成カリキュラム教職員と連携して指導にあたり、希望する進路に向けたきめ細かくサポートしています。

ピックアップ講義、ゼミナール

講義

安木 尚博 教授

図画工作科指導法

安木 尚博 教授

画工作科の指導や基本について理解を深めながら、演習や実践を通じ教師として教科の専門性を身に付ける。

本講義では、小学校学習指導要領における図画工作科の目標及び指導内容をふまえながら、図画工作科における題材設定や授業展開における指導や基本的事項について理解を深めていくとともに、演習・実践を通して、教師として、教科としての専門性を身に付けます。

ゼミナール

小出 良幸 教授

専門ゼミナールA・B・C

小出 良幸 教授

来の目標はできるだけ早く設定することが大切。そのための協力は惜しみません。

自然と科学を中心に、小学校の教育、子どもとの関わり方を考えていくようなテーマを学生自身が設定します。各自が設定したテーマについて調査・研究し、他の人との議論を通じて内容をさらに探究。その成果を、模擬授業の形で示していく訓練もしていきます。問題設定から解決、報告という調査手法のプロセスを身につけ、自信をもって人にアピールできる力を養うことも目標のひとつです。

こども発達学科 卒業生の業種別就職先 TOP5

  • 1位教員・公務員

    48.8%

  • 2位サービス業

    20.9%

  • 3位卸売・小売業

    16.3%

  • 4位金融・保険業

    7.0%

  • 5位建設業

    4.7%

※2015年度の状況

こども発達学科 卒業生の主な就職先(過去3年間)

  • 教員・公務員

    北海道教員(小学校、特別支援)、札幌市教員(小学校、特別支援)、東京都教員(小学校)

  • サービス業

    エイチ・アイ・エス、星野リゾート・マネジメント、日本郵政、名鉄観光サービス

  • 卸売・小売業

    イオン北海道、サツドラ、北海道スバル、東日本フード

  • 金融・保険業

    北海道信用金庫、日本生命保険、三井住友海上火災保険

  • 建設業

    コスモ建設

取得できる免許・資格

  • 教員免許(小学校)
  • 保育士
  • 社会教育主事任用資格
  • 認定心理士
  • 学芸員
  •