TOPへ戻る

英語英米文学科DEPARTMENT OF ENGLISH LANGUAGE AND LITERATURE

英語英米文学科の特徴とPOINT

ネイティブスピーカーによる少人数教育を重視。

世界共通語としての「英語」を自在に操り、自分の考えを自分の言葉で
語ることができれば、活躍のフィールドは無限にふくらみ、
広い交流ネットワークを築くことができます。

POINT 1

成長度合いを常に実感できる
レベル別少人数クラスで学ぶ

実用英語の科目では、クラス編成試験を実施して高校で身に付けた英語能力を見極めたうえでレベル別に学習します。高校が普通科以外でも成長を実感できるよう少人数で英語技能を高められることが大きな特徴です。

POINT 2

学内でも実践的に英語を利用すること
で対話能力と情報発信能力を鍛える

学内でも実践的に英語を使う機会を用意しています。また、4日間を英語だけで過ごす“English Camp"や海外からの学生との交流を通して、対話能力を向上。専門ゼミでは、日本語と英語によるプレゼンテーションなどを行い、情報発信能力を身に付けることができます。

POINT 3

留学奨学金(最大40万円給付)な
ど留学を多面的支援

「留学ガイダンス」や留学経験者がアドバイスする「国別ガイダンス」などで留学希望者をサポートしています。また、半期海外留学では、成績により返済不要の留学奨学金を支給しています。

ピックアップ講義、ゼミナール

講義

A・B・C・D

Oral Communication

A・B・C・D

語で活動するチャンスが多彩。
積極性に応じて、英語を使う機会が増やせます。

1・2年次科目の「Oral Communication A・B・C」では教室内はもちろん、教室外でも英語を使う行事を豊富に用意。1年次はアメリカの高校生をエスコートして、ショートホームステイ体験。学外研修や食事、そしてその買い出しなどで使うのはもちろん英語。2年次は留学生に対し、北海道や日本の文化について英語で発表をします。夏休み中の3泊4日をニセコで過ごす「Oral Communication D」は、オール・イングリッシュ・キャンプです。

ゼミナール

水島 梨紗  講師

専門ゼミナールA・B・C

水島 梨紗 講師

「よく学び、よく遊ぶゼミ」をモットーに、互いを尊重しながら温かくつながっています。学生から学ぶことも多く、共に考える姿勢を意識しています。

言語学の一分野である「語用論」について学びながら、対人コミュニケーションの異文化比較を行っています。専門ゼミナールA・Bではテキストである専門書を読み、担当者の発表に基づいて全員でディスカッションするという形がメインです。専門ゼミナールCでは「語用論」をベースに、各自が関心のあるテーマについて研究。卒業後のキャリアも意識し、理論面・実践面の両方を重視した内容になっています。海外研修にも力を入れ、2014年度はグアム、2015年度は、ハワイでコミュニケーションに関する調査を行いました。く学び、よく遊ぶゼミ」をモットーに、互いを尊重しながら温かくつながっています学生から学ぶことも多く、共に考える姿勢を意識しています。

英語英米文学科 卒業生の業種別就職先 TOP5

  • 1位卸売・小売業

    28.6%

  • 2位医療・福祉

    21.4%

  • 3位公務員

    21.4%

  • 4位サービス業

    10.7%

  • 5位情報通信業

    7.1%

※2015年度の状況

英語英米文学科 卒業生の主な就職先(過去3年間)

  • サービス業

    JTB北海道、日本旅行北海道、ANA新千歳空港、JALスカイ札幌

  • 卸売・小売業

    ニトリ、ユニクロ、サツドラ、ジェイアイエヌ、マッスクバリュ北海道、札幌トヨペット

  • 宿泊・飲食業

    JR北海道ホテルズ、鶴雅グループ、カラカミ観光、野口観光、タリーズコーヒージャパン

  • 運輸業

    日本航空、日本通運、北海道旅客鉄道

  • 製造業

    伊藤園、サマンサタバサジャパンリミテッド

  • 公務員・教員

    警視庁、北海道教員(中学)、千葉県教員(小学校)

取得できる免許・資格

  • 教員免許
  • TOEIC
  • TOFFL
  • 英語能力検定
  • 学芸員
  • 社会教育主事