TOPへ戻る

人間科学科DEPARTMENT OF HUMAN SCIENCES

人間科学科の特徴とPOINT

人間科学科は、人間について深く考えてみたい人、
社会における諸問題に強い関心をもつ人を歓迎します。

さまざまな分野の研究者が集まっているので、講義を受ける中で自分の問題意識を深め、
もっともフィットするアプローチ法に出会うことができます。

POINT 1

「やりたい」が見つかり、
「なりたい」をつかむ、5領域。

人間のもつ多面的な側面を社会、福祉、心理・教育、文化、思想の領域から学際的にとらえていきます。そのうえで、自分自身が最も興味や関心をもつ分野を専門的に深めていくカリキュラムが組まれているのが特徴です。

学びの領域と学びのキーワード

POINT 2

視野を広げ、視点を変える
フィールドワーク実習を重視

フィールドワークとは、現地調査・野外研究のこと。地域や社会の出来事を捉え、解き明かすことで、視野が広がり、視点が変わることが大きな目的です。

【主なフィールドワーク実習(2014年度)】

  • 福祉施設見学・講話[各福祉施設]
  • オケクラフト生産者のインタビュー調査[置戸町]
  • 移住に関するインタビュー調査[福島県]
  • 当事者研究全国交流集会[東京] など

POINT 3

教員免許、国家資格取得を見据えた
カリキュラム編成

教職や各受験資格取得のための課程において、所定の単位を修得することで、免許や受験資格が得られるカリキュラムとなっています。

ピックアップ講義、ゼミナール

講義

内田 司 教授

フィールドワーク

内田 司 教授

義で学んだ調査法を、一連のフィールドワーク体験を通し習得。さらに、「地域づくり」に携わる社会的意義も学び取る。

社会領域の研究法・実習科目であるこの授業では、社会学における経験的・実証的研究のためのトレーニングを行います。社会調査法の講義で学んださまざまな調査法を、実際の現地調査つまりフィールドワークの体験を通じて身につけることを目的としており、そのために、履修者は社会調査の一連の行程のすべてを体験することになります。またフィールドワークを通じて、実際に地域づくり活動をしている方々と交流し、その体験を通じて「地域づくり」に携わることの社会的意義を実際に感じ取ってもらうことも狙いとしています。

ゼミナール

舛田  弘子 教授

専門ゼミナール

舛田 弘子 教授

究論文のディスカッションを通し、掘り下げたい卒論テーマを探索

ゼミのテーマは「コミュニケーション+人間関係の心理学」。心理学というと「人の気持ちが分かる」や「悩んでいる人を助ける」などの側面が強調されがちですが、それだけではありません。もっと日常的な会話などの例を取り上げ、コミュニケーションのさまざまな働きと人間関係に果たす役割を学んでいきます。また社会心理学とは、私たちの行動を「個人」としてだけではなく「集団」として考える心理学です。ゼミでは心理学の研究論文を皆で読み、活発に意見交換。各自の卒論テーマを探索することを目標にしています。

人間科学科 卒業生の業種別就職先 TOP5

  • 1位卸売・小売業

    31.8%

  • 2位医療・福祉

    22.0%

  • 3位公務員

    19.5%

  • 4位サービス業

    7.3%

  • 5位情報通信業

    6.1%

※2015年度の状況

人間科学科 卒業生の主な就職先(過去3年間)

  • 卸売・小売業

    イオン北海道、サツドラ、サントリービバレッジサービス、ケイシイシイ(ルタオ)

  • 公務員・教員

    北海道職員(一般行政)、札幌市職員(一般事務・福祉)、北海道警察、北海道教員(特別支援)

  • サービス業

    北海道商工会連合会、南幌町農業協同組合、新函館農業協同組合、北日本広告社

  • 情報通信業

    北海道新聞社、エヌ・ティ・ティ・システム開発、日本アイ・ビー・エム・サービス

取得できる免許・資格

  • 教員免許
    中学校「社会」、高校「地歴」「公民」「福祉」、特別支援学校教諭
  • 社会教育主事
  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 社会福祉主事
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • 認定心理士
  • 学芸員
  • 考古調査士(2級)
  • 社会調査士
  •