TOPへ戻る

札幌学院大学オープンキャンパスOPEN CAMPUS

終了しました

3/20(月・祝)

COMING SOON!

  • 6/18(日)
  • 7/23(日)
  • 9/24(日)
  • 11/12(日)
  • 2018年3/18(日)

ピックアップコンテンツ

01

学科内容説明会&ミニ講義

各学科でどんなことが学べるのか、目的や特徴を教員が説明します。その後のミニ講義では、実際の講義の雰囲気を体感できるよう、実際の教室で模擬授業を実施します。

02

ガクインの学食体験

学生人気のメニュー(チキン竜田丼、豚肉の黒胡椒丼、春の鶏塩ラーメン)をオープンキャンパス特別価格(100円)で提供します!! 他にも普段、学生が食べているメニューを注文できます。

03

SGU Cafe

高校生の疑問や質問・悩みに対して、本学学生がお答えします。先生には聞きづらいことも、在学生の目線で答えます!

OPENCAMPUS プログラム

全体説明会

当日のスケジュール、各学科の特徴などについてご説明致します。

共に考える大学進学

大学進学に係る心構えや準備、進路選択のコツや、自分に合った試験制度など、進学に関するアレコレをご説明します。まだ志望学科を決めかねている受験生のみなさん、是非ご参加ください! 保護者の方にも是非ご参加いただきたいプログラムです。

キャンパスツアー

広いキャンパスをオープンキャンパススタッフがご案内する毎回人気のツアー。興味に講じて、気になるコースに参加してみてください。

個別相談コーナー

各学科の教員や専門スタッフが下記に関するご質問、ご相談に個別にお答えします。在学生とのトークコーナーもございますので、なんでも気軽にお尋ねください。

〇入試制度 〇奨学金について 〇学科カリキュラム 〇資格取得支援 〇留学・海外研修 〇クラブ活動 〇キャリア支援体制 〇在学生とのトークコーナー

国際交流ラウンジ

留学や海外研修、外国人留学生との交流や施設などについて専門スタッフがご説明します。

授業体験の一例

人間科学科

テーマ
人間科学科での学びとは

在学生のプレゼンから学びの実際を聞いてみよう。講義のレジュメと資料を用いた講義の進め方解説もあります。

英語英米文学科

テーマ
ガクイン英米のヒミツ!

英語英米文学科で学ぶと,「英語力」はもちろん,さらに「社会で求められる様々なスキル」も身につきます。 その仕組み・学習環境・学生の活躍などをお知らせします。また,英語英米文学科に入るための入試のアドバイス もあります。質問も大歓迎!

臨床心理学科

テーマ
真実は目の前にある!?

皆さんは自分のことは自分が一番よくわかっていると思っているかもしれませんね。 この時間はみなさんのその思い込みをちょっとだけ崩してしまいましょう。 心理学っていろいろあるんですよ、ご存じでしたか?

こども発達学科

テーマ
「センセイ」って地味にスゴイ
子どもをやる気にさせる「ワザ」

小学校の「先生」、保育所の「先生」が持ついろいろな「ワザ」をちょっと 紹介。皆さんが気づかないうちに、勉強したくなる、意見を言いたくなる… ○○したくなる「ワザ」(工夫)があるんです。今回はその方法とこれらが 身につくための秘訣(こども発達学科秘伝!?)も伝授。

法律学科

テーマ
ファウルボールが飛んできた!

スポーツにも法律がかかわってくる例として、野球観戦中に ファウルボールに直撃して重傷を負った観客が起こした裁判を題材にして、ケガをした人は損害賠償をしてもらえるか、裁判官はプロ野球やその観戦をどのように考えるかをお話します。

経済学科

テーマ
資源と廃棄物の経済学
―地球環境問題とは何か―

私たちの生活は、自然環境によって支えられています。ところが、私たちの経済活動がその基盤である自然環境を破壊しているともいわれています。 この矛盾の原因は?解決の道筋は?受講者と一緒に考えていきたいと思います。

会計ファイナンス学科

テーマ
ザックリと簿記のお話

忘却の動物たる人間には、記録は大切なもの。特に、ビジネスの世界では、 膨大な取引を正確に、しかも共有できる形で記録することが大切です。その代表格が会計記録である帳簿です。帳簿を見れば、会社のおおまかな動きがわかります。 そして、外部公表もされる、会社の成績表ともいえる財務諸表は、正確な会計記録がなければ作成できません。この時間では、帳簿に記録する=簿記について、ザックリとお話しします。

経営学科

テーマ
食のマーケティング戦略を味くらべしよう!!

食品メーカーは存続のために製品多様化戦略を展開します。健康志向に対応する「カロリーオフ」や手の届くぜいたくを楽しみたいという「プレミアム商品」の戦略について、実際に食べくらべながら考えてみます。

JR・地下鉄でのアクセス

アクセスマップアクセスマップ