TOPへ戻る

ガクイン独自の奨学金制度SGU SCHOLARSHIP

学問への強い意欲を大切にしたい。
経済的理由により修学に困難がある学生を
ガクイン独自の奨学金制度でサポートします。

本学独自の奨学金をはじめ、さまざまな奨学金制度により学生をサポートしています。

また、課外活動や留学などを支援する奨励金制度も充実させました。

頑張った学生を応援する奨学金・奨励金制度

2018年度新入生の実績

成績優秀者奨学生

77

資格取得者奨学生

29

課外活動特待奨励生

53

成績優秀者奨学生

種類 人数 学科 免除額
第一種 6名 人間科学科2名、英語英米文学科2名、法律学科1名、会計ファイナンス学科1名 1年次の年間授業料
第二種 71名 臨床心理学科16名、人間科学科6名、英語英米文学科11名、
こども発達学科6名、法律学科12名、経済学科6名、
会計ファイナンス学科2名、経営学科12名
1年次の前期授業料

資格取得者奨学生

  人数 資格の種類 免除額
新入生 3名 実用英語検定準1級1名、TOEIC740点以上1名、日本語能力試験N1 1名 入学金及び1年次授業料
26名
※重複あり
日商簿記2級1名、全商簿記1級4名、実用英語検定2級18名、日本語能力試験N2 4名 入学金
在学生 10名 実用英語検定準1級4名、TOEIC740点以上4名、TOEIC900点以上2名 年間授業料の半額

課外活動特待奨励生

  人数 種類 競技名
新入生 53名 一種15名、二種23名、三種1名、四種2名、五種12名 硬式野球18名、弓道12名、ソフトテニス3名、陸上8名、カーリング2名、バスケットボール6名、ボクシング1名、サッカー1名、柔道1名、書道1名
在学生
(継続者)
69名 一種43名、二種26名 硬式野球22名、弓道11名、ソフトテニス13名、陸上15名、カーリング6名、空手道1名、武術太極拳1名

第一種(年間授業料全額免除)、第二種(年間授業料半額免除)、第三種(1年次授業料の半額免除)、第四種(入学金免除)、第五種(入学金半額免除)

札幌学院大学 成績優秀者奨学金制度以下の基準を満たした者全員に給付される奨学金で、返還する必要はありません。

採用資格

札幌学院大学に入学を許可された者で、推薦入試公募制総合(指定校含む)、一般入学試験または大学入試センター試験利用入学試験で特に優れた成績の者に対し、本人の一層の活躍と本学の学修活動全体の活性化に寄与されることが期待され、採用基準に該当する者。

対象 種類 成績基準 給付額
推薦入試公募制総合
(指定校推薦含む)及び、一般入試または大学入試センター試験利用入試で、特に優れた成績で合格し、入学する者
第1種
(免除)
一般・センター利用入試科目
3科目の得点率が80%以上
1年次の年間授業料
一般・センター利用入試科目
2科目の得点率が85%以上
推薦入試公募制総合(指定校推薦含む)の
得点率が90%以上
第2種
(免除)
一般・センター利用入試科目
3科目の得点率が75~80%以上
1年次の前期授業料
一般・センター利用入試科目
2科目の得点率が80~85%以上
推薦入試公募制総合(指定校推薦含む)の
得点率が80~90%以上
各学科2年次から4年次の
前年度の成績上位者
免除 各学科2年次から4年次の前年度の
成績(GPA)が最高位の学生各1名
該当学年の半期授業料
  • ◎試験科目3科目学科:人間科学科、臨床心理学科、こども発達学科、経済学科
  • ◎試験科目2科目学科:英語英米文学科、法律学科、会計ファイナンス学科、経営学科
  • ※札幌学院大学課外活動特待奨励金との併用はできません。日本学生支援機構奨学金との併用は可能です。
  • ※教育充実費及び諸経費については、免除等の対象となりません。

札幌学院大学 資格取得者奨学金制度高等学校在学中又は高等学校卒業後における資格取得を評価し、さらに上の検定や資格へのチャレンジを応援します。

採用基準・採用期間

  免除項目 基準等
新入生 入学金及び一年次授業料
  • ①日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級またはTOEICスコア740点以上
  • ②日本商工会議所簿記検定試験1級
  • ③全国経理教育協会簿記能力検定上級
  • ④応用情報技術者試験のいずれかの資格合格に該当する場合
入学金
  • ①日本英語検定協会実用英語技能検定試験2級
  • ②日本商工会議所簿記検定試験2級
  • ③全国商業高等学校協会簿記実務検定試験1級(「会計」と「原価計算」)
  • ④全国経理教育協会簿記能力検定試験1級(「会計」と「工業簿記」)
  • ⑤基本情報技術者試験のいずれかの資格合格に該当する場合
  免除項目 基準等
在学生 年間授業料の
半額
  • ①日本英語検定協会実用英語技能検定試験1級またはTOEICスコア900点以上
  • ②日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級またはTOEICスコア740点以上
  • ③日本商工会議所簿記検定試験1級
  • ④全国経理教育協会簿記能力検定上級
  • ⑤行政書士
  • ⑥応用情報技術者試験
  • ⑦司法書士
  • ⑧社会保険労務士のいずれかの資格合格に該当する場合
  • ○免除の対象外となる教育充実費、委託徴収となる諸費用(自治会入会金・自治会費・同窓会費・学園後援会費)は他の合格者と同様に自己負担となります。
  • ○2年次以降も資格取得に伴う奨学制度があります(別途申請が必要となります)。

札幌学院大学 課外活動特待奨励金課外活動の実績に応じて授業料や入学金が免除されます。

申請資格

[スポーツ優秀特待奨励生・スポーツ特待奨励生]AO入試、推薦入試で合格し、入学後本学の公認クラブに所属し、継続して活動する意志のある者で、かつスポーツ活動歴が採用基準に該当する者。

種類 基準等 免除・返還額等
第一種 オリンピック、国際大会(世界選手権大会またはワールドカップ等)に日本代表として選出された者、・特別強化クラブの特待選手で特に優秀者として選考された者。※1 一年次授業料の全額免除※1
第二種 特別強化クラブの特待選手として選考された者。※1 一年次授業料の半額免除※1
第三種 高校生の全日本大会の個人種目で8位以上に入賞した者又は団体種目3位以上に入賞した登録選手の者、及び一般の全日本大会の個人種目で16位以上に入賞した者、又は、団体種目8位以上に入賞した登録選手の者。 一年次授業料の半額免除※1
第四種 全国大会に出場した者。ただし、団体競技の場合はレギュラークラスに登録された者。 入学金の全額免除
第五種 都道府県大会などにおいて優れた成果をおさめた者。 入学金の半額免除
  • ※1 特別強化クラブ・・カーリング部 陸上競技部 ソフトテニス部 弓道部 硬式野球部
  • ○免除の対象外となる教育充実費、委託徴収となる諸費用(自治会入会金・自治会費・同窓会費・学園後援会費)は他の合格者と同様に自己負担となります。

札幌学院大学 経済援助奨学金本学独自の給付制奨学金で、返還する必要はありません。

採用基準・採用期間

給付額 経済的状況に応じて
年間授業料の半額給付  5人程度
前期授業料の半額給付 10人程度
給付期間 1年間
納付方法 1回(7月予定)もしくは2回(7月・10月予定)※学費未納の場合は補填となります。
学力基準 高校平均評定 3.0
家計基準 給与所得世帯 435万円/給与所得以外の世帯 219万円 ※4人世帯・自宅外・大学学部の例

※2年次以降も、同様の制度があります。

文化優秀特待奨励生・文化特待奨励生公募制課外活動【文化・芸術・ボランティア活動に優れた者】で合格し、入学後本学の公認クラブに所属し、
継続して活動する意志のある者で、かつ文化活動歴が採用基準に該当する者。採用基準・採用期間は、
上記スポーツ優秀特待奨励生・スポーツ特待奨励生に準じて採用します。