こども発達学科

小学校教諭、保育士、子ども教育の専門家を目指す

子どもの発達と教育の問題を豊かな視点で読み解く知性。子どもの「わからない」「できない」に共感できる感性。「わかる」「できる」をのばす実践力。「楽しく学ぶ」機会を柔軟に発想する力。そんな力をもった小学校教諭として、保育士として、子どもの発達を支援する専門家として、学校や地域、保育の現場で活躍できる人材を育成します。

北海道 小学校教諭 採用2016年3月卒業
黒田 智嵩さん(市立函館高校出身)

念願の教諭に採用、感動の教育実習も。筆記や面接指導や模擬授業など、きめ細かなサポートのおかげです。
高校教師である父の姿を見て、物心つく頃から先生に憧れていました。その気持ちを決定づけてくれたのは、小学校6年のときの担任。「オレの後輩にならないか?」と言われたんです。兄のように慕っていた大好きな先生でしたので、もう嬉しくて教師になるしかないと決意。それでガクインへ入学したんですが、当初は先生に向いているんだろうかと不安でした。違う選択肢もあるのではと迷いながら、2年次に小学校の学習支援ボランティアに参加。休み時間など子どもたちとふれ合ううちに「やっぱり先生になりたい」と、気持ちが固まりました。3年次からは教員採用試験に備え、1次試験対策講座と教職特別演習を受講。4年次には教育実習で母校の小学校へ。事前に実習指導を受けていたので、国語の授業で人形を使い言葉を体現するなど自分なりの工夫ができました。別れのとき、子どもたちが泣くのを見て自分も人生で初号泣。子どもと関わる素晴らしさを痛感しました。採用試験対策は先生方の指導に加え、教職課程室で仲間と筆記の勉強や面接の練習も。不得意な水泳もプールに通い練習しました。そして念願かなって教諭として教壇に立つことができます。小学校のときに憧れた恩師のような、子どもとの関係をしっかり作れる先生になりたいです。

就職合格までの流れ

1年
子どもの頃からの目標だった教師になることに迷いを感じるが、教諭免許を取得する意志は変わらず。

2年
夏休みに小学校で学習支援ボランティアを始める。改めて教師の仕事の意義を実感。 冬・春休みも通い、3年次の夏季休暇前まで継続。

3年
教員採用試験に向け、1次試験対策講座を週2回受講。面接や質疑討論などを指導する教職特別演習、模擬試験を通し実践力を磨く。

4年
教育実習のための事前指導を受け、母校の小学校で約20日間教壇に立つ。実技試験に備え不得意な水泳を練習。模擬授業で修正点を確認。6月に北海道の小学校教諭採用1次、8月に2次試験。10月に合格決定。

Points

学科の特徴

こども発達学科は、人文学部の「子どもの発達と教育」研究を土台として、2006年に北海道で初めて開設された学科です。発達心理学や教育学をはじめとする多数の領域から、自然・栄養・心理・コミュニケーション・社会・文化・福祉・芸術・コンピュータなどのさまざまな切り口で学び、「子どもの発達と教育」について視野を広げることのできる豊富な講義。学校教育や発達支援の現場に使える生きた技能を身に付けることができる、体験・実践を重視した独自のカリキュラム。そして、小学校教科の指導法や教職演習など、教職に関わる科目が数多く用意され、卒業と同時に小学校教諭一種免許状が取得可能です。卒業生の多くが、小学校教員をはじめ、北海道内外の学校教育や子どもと関わる仕事の現場で活躍しています。また、2014年度からは保育士養成カリキュラムも開設され、卒業と同時に保育士資格取得が可能になりました。
小学校第一種免許状が取得可能、教師となるための手厚い指導・サポート体制
●こども発達学科では、教職課程の科目や実習を学ぶことで小学校教諭一種免許状が卒業と同時に取得できるカリキュラムになっており、教材研究や模擬授業などの実践的な内容を多く扱い、教育現場で通用する人材を養成します。
●ピアノ実技指導や個別/集団面接・模擬授業の練習など、学科教員による教員採用試験に向けた細やかな特別指導を行い、さらには、予備校と提携して、3年次から予備校の一次試験対策講座をキャンパス内で非常に安価に受講できる補助制度で手厚くサポートします。
●7年間で108名が小学校・特別支援学校教諭(正規職員)として採用されています。 ※2016年2月現在
保育士(国家資格)を卒業と同時に取得可能
●保育士養成カリキュラムで、卒業と同時に保育士(国家資格)の取得が可能です。保育の現場経験豊かな教員の指導で、幅広い教養と専門的な知識・技能をしっかりと身に付けた、家庭や地域と連携し子どもの発達を支援できる保育士を養成します。
●カリキュラム開設3年目を迎え、今後、卒業生が保育現場で活躍することが大いに期待されます。
小規模学科だからできる細やかな学生指導と進路支援
学科教員が、本学キャリア支援課、教職課程、保育士養成カリキュラムの教職員と連携して学生一人一人の指導にあたり、高校から大学へのスムーズな移行、円滑な大学生活、そして、希望する進路に向けた準備活動をきめ細かくサポートします。充実したサポートを、学校教員、社会福祉法人、民間企業などを主な進路とする卒業生の高い就職率が裏付けています。
Image of Learning

学びのイメージ

■ 卒業と同時に小学校教諭一種免許状および保育士資格の両方が取得可能 こども発達学科で学んだ学生たちには小学校や保育所の先生になってもらいたい。学科ではこのような願いを叶えるために、教職課程科目や教科指導法、保育士関連科目を設け、実践・研究の第一人者が講義を行います。4年間の集大成として、卒業と同時に小学校教諭一種免許状と保育士資格を取得することができます。

カリキュラム Curriculum

3年次のタイムテーブル例
郷家 千鶴さんの場合(3年生・札幌大谷高校出身)
子どもに関わる仕事に就きたいと、保育士養成の一期生に。苦手な音楽や造形などの実技、心理系に力を入れて学んでいます。好きな授業は「保育内容C」。絵本の読み聞かせなど、実践力が身に付きます。保育専攻は少人数なので仲の良さも自慢。オープンキャンパスでは絵と歌を組み合わせた「パネルシアター」をみんなで披露し、高校生と盛り上がりました。親身な先生が多いことも、ガクインならではと感じています。

Pickup Curriculum

講義紹介

図画工作科指導法
図画工作科の指導や基本について理解を深めながら、演習や実践を通じ教師として教科の専門性を身に付ける。
図画工作科は、表現や鑑賞の活動を通して子どもの豊かな感性を養うとともに、主体的な活動の中で想像力や発想の力を伸ばしながら造形的な創造活動の基礎的な能力を培う教科です。子ども一人一人が自分のよさを生かし、意欲的に活動する授業が求められています。本講義では、小学校学習指導要領における図画工作科の目標及び指導内容をふまえながら、図画工作科における題材設定や授業展開における指導や基本的事項について理解を深めていくとともに、演習・実践を通して、教師として、教科としての専門性を身に付けます。
安木 尚博教授

1997年、北海道教育大学岩見沢分校卒業。教育学学士。2014年、北海道造形教育連盟会長を経て、2015年同顧問。2015年より本学へ。



子ども発達学基礎ゼミナール
子どもの自主性、遊びの発達、学力比較、不登校、いじめ・・など、グループで「発達・教育」分野から研究テーマを選んで独自に調べ、その成果をクラスで発表し、クラス全員で討論します。これらの作業を通して、発達・教育の諸問題に取り組み、問題への理解を深め、自らの考えを発展させる力を養います。
子どもの発達と芸術
各学年の発達段階に応じた題材のあり方や新たな題材開発を目指した取り組みなど、手を通して体感的に学びます。実際に作品を制作する中で、授業の具体的なイメージや児童の側に立った指導のあり方などを活動の流れに沿って理解していくことをねらいとしています。
保育の心理学Ⅰ・Ⅱ
乳幼児期から児童期にかけての心の発達とその支援の仕方について、さまざまな角度から学びます。家族や身の回り物とのかかわりから始まり、入園や就学など、経験の範囲広がりにつれて子どもの心は発達していきます。養育者とのコミュニケーション、子ども同士の仲間関係などの着目点に沿って考えます。
国語科指導法
初等教育国語の目標、及び言語的・文学的内容の基礎を踏まえながら、教師に求められる教材の研究、授業観、授業の目標、指導法、評価法について勉強します。現在、小学校で使われている教科書教材をもとに、教師はどのようにして子どものための授業をどう作り上げるのかを具体的に学びます。

地域の子ども連携マネジメント実習
子どもたちが体験を通して学ぶ行事を立案し、準備をすすめ、実施するまでを行います。毎年、風で動くおもちゃ、手の上ではずむシャボン玉、色の三原色の実験、ジェットコースター模型の実験・・などの独自企画を準備し、近隣の幼児・児童を対象にした楽しいイベントを行っています。実習を通して、子ども向け体験行事の企画・実施に必要な知識と技能を養います。
身体表現
幼児の世界では遊びそのものが表現活動です。歌っていても造形あそびに興じていても身体が自然に動いています。このような幼児一人ひとりの表現を読み取り、受けとめ、より豊かな身体表現へと導くために自らの感性を高めるとともに幼児期の身体表現についての理解を深めます。
教職特別演習
小学校教師に求められている、困難な場面での問題解決能力、様々な人とのコミュニケーション能力、広い知識を自ら求めようとする意欲、他者とかかわりを持ちながら、報告・連絡・相談などを通して謙虚に学ぶ態度について実践的に学びます。子どもへの愛情、保護者からの信頼、教員同士の協力などを培うために、何が必要かを考える力を養います。
保育者論
教育・福祉現場に関わる保育者を発達援助職として位置づけ、現代社会における役割や意義について学びます。専門職には高い倫理観や使命感、そして指導・援助のスキルが求められ、何よりも豊かな人間性が不可欠です。授業では保育者としての基本的資質、責任と役割、保育実践力を具体的に理解します。

Seminar

ゼミナール

「広く、子どもや、教育、自然などについて考える」をゼミテーマに、各自がテーマを設定し調査・研究から成果発表までを経験。
専門ゼミナール
将来の目標はできるだけ早く設定することが大切。そのための協力は惜しみません。ゼミではやるべきことを、やるべき時期に、精一杯の努力を持って進めること。その点のみ留意して指導しています。
自然と科学を中心に、小学校の教育、子どもとの関わり方を考えていくようなテーマを学生自身が設定します。各自が設定したテーマについて調査・研究し、他の人との議論を通じて内容をさらに探究。その成果を、模擬授業の形で示していく訓練もしていきます。問題設定から解決、報告という調査手法のプロセスを身につけ、自信をもって人にアピールできる力を養うことも目標のひとつです。

小出 良幸教授
京都府出身。北海道大学理学研究科地質学鉱物学科専攻修了。学術振興会特別研究員、神奈川県立生命の星・地球博物館の主任研究員を経て、2002年より本学へ
三浦 裕斗さん 4年(札幌手稲高校出身)
子どもが成長過程で居場所を見つけることの意義について調べています。模擬授業では真剣さの中にも笑いあり。O NとOFFの切り替えが絶妙で、小出ゼミならではの楽しさです。
岩淵 三幸さん 4年(江別高校出身)
憧れ続けてきた特別支援学校教諭を目指し、アニマルセラピーなどの障がい者支援を研究しています。ゼミは先生の優しさそのままに、興味のあることを伸び伸び学べる雰囲気です。

Teachers

教員一覧

Career Data

就職データ



Copyright© SAPPORO GAKUIN University All rights reserved.