経営学科

ビジネスや地域再生などの分野で即戦力となる人材を育成

社会への助走となるフィールド実践などの「実践科目」を中核として、強く生き抜く「社会人としての生命力」の土台を養成。組織に必要とされ、企業と地域経済に即戦力として活躍できる人材、ビジネスを設計・実践・創出する人材、地域再生に貢献できる人材を目指し、混迷の時代に最も求められているマネジメント能力を身に付けます。

法務省入国管理局 採用2016年3月卒業
高井 駿さん(札幌藻岩高校出身)

学内の公務員試験説明会や高みを目指せる仲間のおかげで、難関の入国審査官に。
経営に興味があり、フィールド実践の科目が充実しているガクインに入学しました。授業では浦河町の活性化を図るため特産鮭を使ったスナック、「シャケット」を提案。メニュー開発から販売、メディアの取材依頼まで、マネジメントの実際を肌で感じることができました。公務員を意識したのは2年次のときで、具体的に動き出したのは3年次の後期。学内で「公務員試験説明会」が行われるようになってからです。市役所など官公庁の方が毎週説明に来られ、とても参考になりました。公務員講座も受講し、夏休みには就職後も有用なリスクマネジメントの検定資格を取得。履修した授業が役立ちました。入国管理局を志望したのは、国際化が進展するなか入国審査の役割がより重要になると考えたからです。まず国家公務員の一般職で受験。合格後、自ら入国管理局に面接を申し込みました。試験説明会に数多く参加していたので、幸い面接官の方に顔を覚えられており熱意をスムーズに伝えることができました。北海道警察、北海道庁、札幌市役所、国税専門官でも内定をいただきましたが、海外からの脅威を水際で防ぎ国に貢献できる入国審査官の道を選択。高みを目指せる仲間がいるガクインだから、得られた結果だと思っています。

就職内定までの流れ

1年
幅広い講義を受けて、仕事についての視野を広めようと意識。

2年
公務員に的を絞るが、その先の職種がまだ見えてこなかった。

3年
後期に毎週行われる「公務員試験説明会」に必ず参加。学外で開催される公務員説明会にも積極的に出席。さらに万全を期すため、公務員試験の予備校に1年間通う。

4年
6月に国家公務員の一般職で受験し、合格。国際化社会で今後、より責任が重くなる入国管理局への入局を希望。面接を経て8月に内定。2016年度採用は全道で15名前後。

Points

学科の特徴

経営学は絶えず変化に対応して組織と人間を成長させる学問です。だから経営学科も進化を続けます。ここにしかない経営学部経営学科を目指し、2013年度から「キャリアマーケティング専攻」と「経営管理専攻」の2専攻を開設し、カリキュラムのイノベーション(革新)を実現しました。「キャリアマーケティング専攻」では、人や組織・社会に貢献するマーケティングの手法を活用した教育プログラムを展開します。教員がチームを組んで、企画力、グループワーク力、プレゼン力といった社会人として活躍するために必要な3つの力を中心に育成します。「経営管理専攻」では、伝統のフィールド実践に加えプロジェクト実践による企画力、実行力、コミュニケーション力を養います。北海道内ばかりではなく道外企業や自治体などと連携して現実社会への対応力を育成します。
経営の「今」を現場で体感する実践科目
経営学科の大きな特徴は社会や経営の「今」を体験しながら、社会で必要とされるマネジメント能力を実践的に身に付けられることです。30年にわたる調査実習活動で蓄積されたノウハウを活かしながら、問題・課題の発見だけでなくどうしたら改善できるのかという解決能力を育成します。
少人数教育×チーム教育で4年間、学生の成長をサポート
学生と教員が1対1の関係であることを基本に、個人面談などを継続的に行い学生の意向や思考を把握、さらに基幹となる科目は複数の教員がチームを編成し、多面的な指導を行うことで4年間学生をサポートしていきます。
FP技能検定対応科目など卒業後を見据えたカリキュラム
ファイナンシャルプランナー技能検定の資格取得に対応した「ファイナンシャルプラン」科目など、経営学科のカリキュラムは資格取得などを見据え、卒業後に社会で必要とされるスキルが習得しやすいよう設計されています。
Image of Learning

学びのイメージ

カリキュラム Curriculum

2 年次のタイムテーブル例
高柳 ゆうなさんの場合(3年生・札幌稲雲高校出身)
マーケティングに興味があり経営学科を選びました。なるべく空き時間を作らずマーケティング系、さらにFPの資格も取得したいので金融系の科目を重点的に履修。特に実際のアーティストや企業の戦略を学ぶ「マーケティング戦略論」は、興味深く楽しいですね。ガクインは資格を取れる講義が幾つもあり、試験前には先生が過去問を作ってくれるなど温かな支援体制も魅力。将来は企画や広告系の仕事を目指しています。

Pickup Curriculum

講義紹介

マーケティング概論
日常的に接するマーケティング活動の全体像を理解し、実際の事例を通しマーケティング政策各論を学ぶ。
マーケティングとは、相手(消費者や企業)を満足させ、幸せにする働きかけであり、その仕組みです。そして、日常生活の中で私たち消費者は、企業のマーケティング活動に接しています。そのマーケティングの全体像とはどのようなものなのかを理解したうえで、マーケティング政策各論を多くの事例を通して学んでいきます。
碓井 和弘教授

同志社大学商学部卒業。神戸商科大学(現・兵庫県立大学)大学院経営学研究科経営学専攻博士課程退学、経営学修士。1989年から現職。



キャリアマーケティング
就職活動は、大学生にとって大学での活動成果を評価してもらう機会であり、試練でもあります。しかし、就職が決まればそれで良いというわけではありません。人や組織にどう貢献するのかは働き続ける限り問われるものです。本科目では、マーケティングの視点から自分の適性とキャリア(職業・就業)を追究しながら、社会人としての目標や対応を考えていくものです。個別指導も組み込み、きめ細かく指導していきます。
流通概論
1970年代から大型スーパーが日本の流通を変え、そして同時に地域社会や生活も変えてきました。特に、1980年代中期以降は、「近所のお店」消失、地方都市における中心市街地の崩壊、「買い物難民」の出現といった現象が顕著となりました。このように、流通とは何か、どう変化してきたのかを歴史的な展開過程に即して考察します。
マーケティング戦略論
マーケティング戦略の基本の一つは、「だれに」「なにを」「どのように」提供するのかという「ビジネスの定義」を明確にすることで、競争相手よりもしっかりと満足感を提供することです。それを阪急電鉄や音楽のB’zを事例に理解できるようにします。このように戦略の理論と事例研究を積み重ねていきながら、マーケティングの力を養っていきます。
リスクマネジメント論
東日本大震災に代表される社会リスク、頻発する企業不祥事という経済リスク、病気・怪我や就職・雇用といった個人リスク等、リスクは常に我々の身近に潜在しています。もはや「リスク」は人任せにはできません。この科目では、変化する経営環境への適応力を養いつつ、最終的には資格試験である「リスク検定」にしっかり対応できる工夫をしています。

経営管理論
企業だけでなく非営利組織も、めまぐるしく変化している経営環境の中で、どのようにして組織環境を見きわめ、自らの資源としてそれらを最大限に活用していくのかという課題があります。その課題への対応を、札幌市の円山動物園や沖縄県の美ら海水族館など、わが国の公立動物園・水族館の事例を具体的に取り上げながら考察していきます。
中小企業論
下記の5点について学びます。①日本の企業のうち大部分を占める中小企業の経営の現状はどのようなものか。②中小企業の経営の課題とは何か。③その「強み」「弱み」は何か。④弱みを改善し強みを活かしながらどのような経営革新を行っているか。⑤元気に活躍している中小小売業(商店街)と中小製造業の事例研究をします。
ITソリューション論・応用論
最初に本科目で、コンピュータネットワークの仕組みやネットワークを利用した技術について初歩から学びます。その上で、「ITソリューション応用論」では、各自が仮想のインターネットショッピングサイトを構築することによって、Webデザインのノウハウを修得し、また、ショッピングサイトの仕組みを理解できるようにします。
フィールド実践(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)
フィールド実践が目指すのは、教室からフィールドに飛び出して、現場で問題を発見し、共有し、そして解決策を自分たちなりに研究し実践することです。例えば、株式投資のシミュレーションを実践的に学んだり、金融機関や地域の中核都市を訪れたり、あるいは地元江別を活性化させたりとメニューは実に豊富です。現場から学ぶ経営学のオモシロさを実感できる科目です。

Seminar

ゼミナール

メニュー開発から販売・接客まで。自分たちでカフェを運営し、生きた経営学を体験。
経営学入門Ⅰ
経営学科では学生が主体的に学ぶ「フィールド実践科目」を、カリキュラムの中心に据えています。当ゼミでも授業の一環として2年生が、大学近隣の大麻銀座商店街に期間限定でカフェを開店しました。その名も「SGUカフェ」。自分たちでメニューの開発から販売までを手がけ、生きた経営学を学びます。またお客様との会話を通し、コミュニケーション能力を鍛えることも狙いです。運営は週1日で、ゼミ生は5グループに分かれ営業を担当。学生たちのチャレンジは、新聞にも大きく取り上げられました。現場での体験は、マネジメント能力や問題意識を高める絶好の機会。新しいビジネスモデルの創造や起業を後押ししてくれます。

河西 邦人教授
東京都出身。茨城大学人文学部卒。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。商学修士。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。同大学博士後期課程単位取得退学。国際経営学修士。1997年より本学へ。

Teachers

教員一覧

Career Data

就職データ



Copyright© SAPPORO GAKUIN University All rights reserved.